日記・コラム・つぶやき

2020年8月31日 (月)

精巣腫瘍のその後

大変ご無沙汰しています(^^;)

精巣腫瘍(精巣ガン)のその後➰ です。

手術をして、精巣腫瘍(右側)を無事に取り除いていただき

「今後の5年間は腫瘍マーカーや、CT、超音波検査のチェック をしていきましょう」 

と、経過観察をして4年が過ぎたころ

超音波検査で、左側の精巣に怪しい影が見つかりました。

 

そこから、また 検査が とととーっ! と進んで、小児外科先生のお話。

「チビくんに、怪しい影がみつかりました。

今の段階ではなんとも言えませんが、前回が悪性腫瘍だったので、今回はかなり早い段階ではありますが、今後のことを踏まえて取っておいた方が方が安心なので、早目に取りましょう」

今回は、冷静に。しっかり受け止められる心の余裕もあり

「はい。お願いします」と、笑顔で返答。

 

今回の手術方法は 陰嚢を切開して取り出す」で、結果は陰性✨

その後の検査結果も無事に通過して、一旦終了となりました。

 

 

2015年9月21日 (月)

精巣腫瘍って… 

精巣腫瘍(精巣ガン)かも?

と診断されて、9日後には手術まで終わっていました。

あっ! …という間に時間が過ぎて、悩む暇もなかった?!

そんな気がする時間を過ごしました。

高尾山に行ったあと… 楽しいGWも終わり、いつもの定期検診で大学病院へ

そして、軽い気持ちで主治医に 聞いてみました。

「先生 チビの睾丸が片方だけ腫れていて気になるんですけど、診てもらってもいいですか?」


「どれどれ〜 これは水が溜まっているし、大きいね。いつから?

専門の先生にも診てもらおうね。」


と、すぐにまわしてくれました。問診から始まるかと診察室の扉前で待っていたら、違う扉から呼ばれ・・・

エコー(超音波)検査 CT造影剤検査 血液検査と 出来る限りの検査をすぐにしてくれました。

エコー検査で、先生が1回席を立ち… 
暫くしたら、小児外科先生がきてエコー再診して 簡単な説明を受け

すぐに血液検査を依頼されました。


血液検査は、本日2回目。すでに定期検診で7本くらい取られていたので…

ダメ元で ・・・

「今日、すでに7本くらい取っているの、ですが…()

「ごめんね〜 違う検査内容だから取らせてね〜 ついでにCT造影検査のルートも確保しちゃうからね〜」


と、とととーっ! と進んで、さすがに少し嫌な予感がしていた頃でした。


最後に小児外科先生のお話。

先生は、チビに気を使ってくださり、チビを看護師さんに預け

「チビくんに、精巣腫瘍がみつかりました。

今の段階ではなんとも言えませんが、血液検査の結果次第では、悪性の可能性もあり得ます。 子孫は残されますか?」


「ぁ。 えっ?! 子孫は残しません。」

バタバタと検査が進んだので、そんな予感はしていましたが。。。

腫瘍がみつかりました。 の言葉に… 

安堵の気持ちと 頭が真っ白になり 何も聞こえない感じと…

でも “子孫は残されますか?” の言葉で我にかえりました(笑)

あまりにも不意をつかれた質問だったので、一瞬なにを言われているか理解できず、2秒くらい固まっていました (。・w・。 )


検査結果は、全部の結果がわかるまでは、早くても2週間後と説明されたので。 
20
日後の予約を取り帰宅したのですが、深夜に肺炎で再度大学病院へ運ばれ… 
本日、3回目の血液検査をされて、入院でした。

肺炎で1週間の入院中に、精巣腫瘍の検査結果も少しずつわかり、全部の検査結果は出ていませんが 80%悪性腫瘍で、進行も早いので早急に取りましょう。


と、説明をされて、肺炎完治後 そのまま手術となりました。

手術方法は 「高位精摘除手」手術時間は20分位で終わります。   

と、説明を受けました。

「高位精
摘除手」とは
鼠径部(下腹の下)をメスで
いて、そこから片方の精を精につながる管ごと摘出する手だそうです。 

説明されるまでは、陰嚢を切って、そこから精を取り除くのかなあと思っていたのですが、 癌の可能性があるところが残らないように、高い位置から取り出すこと。 と 私は理解しました。


説明された通り 手術は早く終わり、先生からの説明を受け

「転移しないように、そぉ〜と取り出しました。 見ますか?」

「ありがとうございます! ぁ。・・・ 見ます!!」


手術前に説明された絵と同じ物が目の前にありました ( ̄▽ ̄)

2015年8月12日 (水)

障がい児の内科問題!?

簡単に言うと、小児科から内科へ… 

なんで問題なのかというと、チビは高校卒業した18歳。
通常ならば、15歳までが小児科で、高校生になって内科へと進んでいくのですが…


チビのような 寝たきりの子供は、小さい時から主治医がいて、毎月1回・3ヶ月に1回・毎週1回と、2〜3カ所の病院へ定期検診で通院していたりします。



チビの場合は、今は2ヶ所
1つ目は、大学病院
2つ目は、心身障害児専門の療育センター
2つ目の療育センターは、入院設備はなくはない。
「なくはない」とは、予め○○での医療入院。という入院なら出来ます。
でも、救急外来とか外来の診察に行っても、入院設備のあるところへ回されるのです。

チビの通院している療育センターの先生は、近所の病院へ電話して受け入れ態勢を確保してくれますが
他の療育センターでは、「お母さんが、自分で病院をみつけて連れて行ってください」
と、体調が悪い子供を抱えているのに、言われるところも実際にあります。



そこで、内科問題。

近所の入院施設がある病院でも、なかなか18歳の子供(?)を 受け入れてくれる小児科はないのです。
同じ病院内でも、小児科から内科へ移ると…
・ 手薄い看護になる(例) 清拭ってなんですか?  ぇっ... ∑(゚∇゚|||)
・ 障がい児を理解出来ない看護師が多い
そんな内科には行きたくない。
と、小児科にしがみついている お母さんもいらっしゃいますが…

風当たりは相当強いそうです…。
これが現状です。
次回の入院までに、なんとか壁を乗り越えないと… 
 
違った!(笑)  元気で過ごさないと!!(≧∇≦)

2015年7月19日 (日)

不思議な偶然…?!

この2ヶ月間で チビが3回も肺炎で入院しました。

それも、全てに意味があるかのように…



1
回目 救急車で主治医のいる大学病院へ運ばれる。

ゴールデンウィークが明けてすぐ、主治医がいる大学病院での定期検診でした。
そこで、前から気になっていた、精巣も診察してもらって…

「もしかしたら、腫瘍かもしれないので、詳しい検査をしましょう」

と、そのまま詳しい検査をしてもらって、検査結果は 2週間くらい経たないと全部は出ないとのことで、19時頃帰宅。

でも、長い時間病院にいて疲れちゃったのか? 22時頃から発熱し、症状を伝えるものの 近所の病院では救急外来が立て込んでいて診れないから、救急車を呼ぶようにといわれ…

救急隊員が来てくれて病院を探してくれるも やはり近所の病院では難しいと…

で、家から少し遠い お昼にも行った 主治医がいる大学病院へ運んでもらい そのまま入院しました。


肺炎で入院中に、精巣腫瘍の検査結果が少しずつわかり、80%悪性腫瘍で、進行も早いので早急に取りましょう。

となり、肺炎完治後 そのまま手術となりました。
当初の予定よりも、早く手術もしてもらえて 一安心です。



2
回目は 通所先でそのまま入院。

高校を卒業後、4月から 病院併設のところで通所しています。
こちらも、身体障害者専門の歯科・整形外科等… で毎月通院もしているところなので、主治医が飛んできてくれて 今回はたまたまベッドが空いていて無事に入院出来ました。


入院して3日目、父が危篤になり翌日 旅立ちました。
なんだか、チビがゆっくりと父とのお別れの時間を作ってくれたような気がしました。



3
回目は 近所の病院へ 発熱とタンの切れが悪かったので、抗生物質をもらいに病院へ行ったら

「この短期間で肺炎繰り返しているというコトは、少し泊まっていく?


3
日間という 本当に短い入院生活でしたが、すっかり元気に。

この3日間で、いろんな整理もできました。



偶然とはいえ…

GW後の診察時にみつかった 早期摘出手術

救急車で病院へ行く事なんて…

まして 普段なら大学病院へ救急外来は行かない… 

でも、そんな偶然がかさなったおかげで

本来よりも早く、検査結果を待つ事なく、悪性腫瘍の摘出手術が出来ました。


チビの 身体を張った? 不思議な力を感じた2ヶ月でした。





2015年5月 7日 (木)

車いすで山登り(/ ^^)/

きっかけは、GWに兄ちゃんが自然を感じたい。…と

ん〜。 チビ も一緒に行けて 自然が感じられる所… 探しました!



《車椅子でお出かけ バリアフリーマップ》

バリアフリー度を見ると…

「身体的には下肢麻痺など、車椅子を最大限に操作して行動できるレベル。

設備的には一定範囲内の段差や傾斜など難点があるものの車椅子での単独利用が可能なレベル。」

これなら“高尾山”なんとか行けるかも?!

 

車いす 高尾山599.15m に行って来ましたヽ(´▽`)/

車いすといっても… お出かけ用として使っている

RVポケット(LL) ベビーカーの大きい版みたいなタイプで、普段使用しているのよりは扱いやすく小回りが利きます。

車いすでも登れる理由は、高尾山の登山口にあるケーブルカーの清滝駅は、標高201m

ケーブルカーに乗り、高尾山の山服にある 高尾山駅は、標高472m

実際に登ったのは、127.15m ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

ケーブルカー往復でお世話になった駅員さんが、とても親切にしてくださりスムーズに乗り降りする事ができました

さて、ケーブルカーをおりて 127.15m の登山の始まり

高尾山薬王院までは舗装されたゆるやかな道なので 問題なく歩けます。

その先は、階段が続きますので、迂回路を使い 山道(砂利道)に入ります。

山頂に近づくと斜面も車いすでは そこそこキツク兄ちゃんが大活躍でした 

そこを登りきったら、山頂です\(^o^)/

山頂は、思っていた以上に平らで広くゆっくりできました。

登ったら… 下山。

登るときは、車いすを後ろから押せばいいので、支える安定感があります

下山は、登る時よりも坂がキツク感じたので後ろ向きに… とも思いましたが

車いすを引っ張る感じで前向きで下山しました。

私では山頂付近は支えきれず、半分以上は兄ちゃんがチビと一緒に行動してくれました。

兄ちゃんがいてこその 127.15m 登山でした。

一般的な車椅子のタイプだと、山頂まで登るのは難しいかなぁ〜 と思います。


山道では、人もそれほどいなくて 本当に自然を感じられて兄ちゃんも大満足 

チビも頑張って付き合ってくれて、リフレッシュできました


2015年1月 5日 (月)

今年もよろしくお願いいたします!

みなさまにとって、いいことがいっぱいの年になりますように~

本年も どうぞよろしくお願いいたします。




子どもたちは まわりの環境にも恵まれて 昨年よりも 

 

もっと自分の気持ちを表現することが上手になってきました°+(*´∀`)b°+°


子どもたちも私も、本当に幸せな日々を過ごしています。

たくさんの事に 心から感謝です  ヽ(*^∇^*)ノ

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます(*^▽^)/*☆

あけましておめでとうございます

みなさまにとって、素敵なことがギューッと詰まった年になりますように~

本年も どうぞよろしくお願いいたします(⌒ ⌒)(_ _)ペコ

今年も「初詣に行ってきました!」 (≧ω≦)b

子どもたちは 3回目の初詣です(☆¨)b 

チビは、昨年のお守りのご利益のおかげで 1回だけの入院ですみました! 



そして なによりも 嬉しいお知らせは

兄ちゃんも チビも もの凄く自分の気持ちを表現することが上手になってきました°+(*´∀`)b°+°



兄ちゃんは 人と接することが苦手で、特に男の大人が怖かった。 今でも怖いみたいですが… 

どうして怖いのか?  

それは、父親がモラハラだったから。

言っていることが、何がキッカケでかがわからないうちに… 急変・激怒し、執拗に攻められ、手が付けられなくなる。

部活の時の監督やコーチ、アルバイトの時の上司 等…。

最初は優しかったのに、急に理不尽に怒り出す人に当たることが多かった。。。

そんな事の繰り返しでしたので…

兄ちゃんは、特に大人の男性を信頼出来なくなり、兄ちゃんも私と同じように? ぃゃ たぶん本能から、自分の感情を出すことを辞めてしまった。

でも、そんな環境からも離れ、こちらでの生活に少しずつ慣れながら 兄ちゃんがそんな人にぶつかった時は、ひとつ残らず話しを聞く。 そして話し合う。 少しアドバイスをして背中を押してみる。 

そして少しずつですが、自分を出しても怒られない環境の繰り返しで、本当に明るくなってきました

今は 〝怖い〟 から 〝緊張〟 に変化してきているようです。



毎日 成長していく子どもたちに囲まれて 嬉しいスタートが出来ました(゚ー゚*)

たくさんの事に 感謝です (*^o^)(^-^*)

2013年12月31日 (火)

今年も お世話になりました(*^-^*)ノ

今年も残すところあとわずか!

みなさんにとって、どんな年だったでしょうか?

私は… 

チビが誤嚥性肺炎で入院しましたが…

その後 摂食指導や口腔ネラトン(お口からチューブ)等の併用にはなりましたが

しっかりお口からも食べられ、水分もこれまで以上に上手に摂取出来るようになりました(゚ー゚)

そして、一昨年よりも、昨年よりもずぅーーーーっと良い年でした(o^-')b

ブログの更新も、多忙でなかなか更新できませんが…

ココログのみなさんと繋がっていられることや、いろんなことに感謝したいです

来年もどうぞよろしくお願いいたします(⌒ ⌒)(_ _)ペコ

良いお年をお迎えください(o・・o)/

2012年4月 1日 (日)

退院してきました(*^-^*)ノ

|・ω・*)ノ|Юガチャ ただいまぁ! 

思っていた以上の “コメント&つぶやき” そして “ポチっと&キラリ” をたくさん頂き、本当にありがとうございましたo(_ _)oペコッ  

私って幸せものです(/ー\*)  心からありがとうございます

今の私の状態ですが…

顔は左側だけですが、脱脂綿を目一杯口に含んだ顔つきで…腫れており 顎には青痣がまだクッキリとございます(/ω\)

痛さは… 10で表すと2くらいの痛さが常にシクシク続いています(゜゜;)

下唇の左半分はまだ痺れているので、コップの感覚が未だになく 少しアブナイ状態で~(='m')

口も大きく開かないので、お粥さんを30分位かけて食事をしています。

気になる “抜糸” は水曜日(術後8日目)です…o(;-_-;)oドキドキ♪

今は、常時アイスノンで冷やしながら回復中です(b^-゜)

あとは、良くなるだけですから ゆっくり焦らずに治していきたいと思います

これからもよろしくお願いしますm(_"_)m

2012年3月26日 (月)

入院してきますε=囲⊃ヽ(*'▽')/

入院は、1週間~10日間予定で “歯科口腔外科” です。

前回は急に入院でしたが…^^; 今回は前もって入院日が決まっていました。

私が、入院前2週間内に風邪を引くと入院日が延期になるので、結構気を遣いましたf(^_^;

何に気を遣うか!? っていうと…

チビを預ける療育センターの予約は2ヶ月前からなので、日程がずれてしまうと、後々面倒なことになるんです(^_^; 

そぅそぅ! 歯というのは、ついつい後回しにしがち…!? 私だけかも(o・ω・o)?

放ったらかしにしたつもりは ないのですが、ちょこっと大変な事になりました((((゜゜;)

7~8年くらい前から、左下顎の奥歯の下(顎骨内)に歯が1本埋まっており…

ほおっておいても大丈夫だったのですが

昨年の初夏辺りから、埋まっている歯の横に嚢胞(のうほう)が出来始めて、それが大きくなってきて

放置すると顎骨の変形・歯の喪失等が生じる可能性があるので

顎骨内にできた 埋まっている歯と嚢胞を取り除く手術をすることになりました。

私の頭の中では、切開して取り出す。そんなに難しくないのかな~(・・*)。。oO(想像中)

日帰り、もしくは一泊二日くらい!? で帰れるものだと思っていたので、

 「1週間~10日くらい入院して、全身麻酔での手術になります。あまり急がないけど… 3週間後くらいでいいかな?」

…と、聞いたときにはビックリしてしまいました∑(゚∇゚|||)

担当医の先生も、そんなに急がないから… ということでしたので、ちびの預け先が決まってから、手術日を決めていただきました

歯の治療で入院って…((((((;_ _)。

今日は、チビを療育センターに送って その足で病院へ行きます

しばらくは、ポチッもキラリもお休みしますm(_"_)m  

このブログの返信も退院後にさせていただきますm(_”_)m

携帯機種が古いので何もできませんo( _ _ )o ショボーン すみません。 よろしくお願いします。

頑張ってきます!(*^-^*)ノ(`・ω・´)シャキーン !

モラル・ハラスメント被害者同盟  モラハラで悩んでいるなら… きっと あなたの心にも寄添ってくれます

無料でもらえる♪ お試し価格でためせる!

amazon.co.jp

  • Amazon

ブログ村