« 2015年8月 | トップページ | 2020年8月 »

2015年9月

2015年9月21日 (月)

精巣腫瘍って… 

精巣腫瘍(精巣ガン)かも?

と診断されて、9日後には手術まで終わっていました。

あっ! …という間に時間が過ぎて、悩む暇もなかった?!

そんな気がする時間を過ごしました。

高尾山に行ったあと… 楽しいGWも終わり、いつもの定期検診で大学病院へ

そして、軽い気持ちで主治医に 聞いてみました。

「先生 チビの睾丸が片方だけ腫れていて気になるんですけど、診てもらってもいいですか?」


「どれどれ〜 これは水が溜まっているし、大きいね。いつから?

専門の先生にも診てもらおうね。」


と、すぐにまわしてくれました。問診から始まるかと診察室の扉前で待っていたら、違う扉から呼ばれ・・・

エコー(超音波)検査 CT造影剤検査 血液検査と 出来る限りの検査をすぐにしてくれました。

エコー検査で、先生が1回席を立ち… 
暫くしたら、小児外科先生がきてエコー再診して 簡単な説明を受け

すぐに血液検査を依頼されました。


血液検査は、本日2回目。すでに定期検診で7本くらい取られていたので…

ダメ元で ・・・

「今日、すでに7本くらい取っているの、ですが…()

「ごめんね〜 違う検査内容だから取らせてね〜 ついでにCT造影検査のルートも確保しちゃうからね〜」


と、とととーっ! と進んで、さすがに少し嫌な予感がしていた頃でした。


最後に小児外科先生のお話。

先生は、チビに気を使ってくださり、チビを看護師さんに預け

「チビくんに、精巣腫瘍がみつかりました。

今の段階ではなんとも言えませんが、血液検査の結果次第では、悪性の可能性もあり得ます。 子孫は残されますか?」


「ぁ。 えっ?! 子孫は残しません。」

バタバタと検査が進んだので、そんな予感はしていましたが。。。

腫瘍がみつかりました。 の言葉に… 

安堵の気持ちと 頭が真っ白になり 何も聞こえない感じと…

でも “子孫は残されますか?” の言葉で我にかえりました(笑)

あまりにも不意をつかれた質問だったので、一瞬なにを言われているか理解できず、2秒くらい固まっていました (。・w・。 )


検査結果は、全部の結果がわかるまでは、早くても2週間後と説明されたので。 
20
日後の予約を取り帰宅したのですが、深夜に肺炎で再度大学病院へ運ばれ… 
本日、3回目の血液検査をされて、入院でした。

肺炎で1週間の入院中に、精巣腫瘍の検査結果も少しずつわかり、全部の検査結果は出ていませんが 80%悪性腫瘍で、進行も早いので早急に取りましょう。


と、説明をされて、肺炎完治後 そのまま手術となりました。

手術方法は 「高位精摘除手」手術時間は20分位で終わります。   

と、説明を受けました。

「高位精
摘除手」とは
鼠径部(下腹の下)をメスで
いて、そこから片方の精を精につながる管ごと摘出する手だそうです。 

説明されるまでは、陰嚢を切って、そこから精を取り除くのかなあと思っていたのですが、 癌の可能性があるところが残らないように、高い位置から取り出すこと。 と 私は理解しました。


説明された通り 手術は早く終わり、先生からの説明を受け

「転移しないように、そぉ〜と取り出しました。 見ますか?」

「ありがとうございます! ぁ。・・・ 見ます!!」


手術前に説明された絵と同じ物が目の前にありました ( ̄▽ ̄)

« 2015年8月 | トップページ | 2020年8月 »

モラル・ハラスメント被害者同盟  モラハラで悩んでいるなら… きっと あなたの心にも寄添ってくれます

無料でもらえる♪ お試し価格でためせる!

amazon.co.jp

  • Amazon

ブログ村