« 離婚裁判 7回目 内容報告 〝財産分与について〟 5/ 5 | トップページ | 離婚裁判 9回目 内容報告 〝準備書面〟 »

2014年9月28日 (日)

離婚裁判 8回目 内容報告 〝和解案〟

 

 8回目の裁判は前回の「親権について」裁判所から彼へ

 




 

libra 〝親権については、現実的に無理なのでは?〟


 

libra 〝和解についての考えはないか?〟

 



とのお話をしてくださり…  彼が出した答えは




 

shadow 「面会を承諾すれば、親権は譲ってもいい。」  



 

と。




 

「親権」「監護権」は、私の〝勝訴〟 となりました。

 




今回は、私の方から和解案を提出して裁判をすすめました。




 

 

 

『和解案』

 

 

 





第1 面会交流



 

 1 和解案

 

   原告(kikyou)は、被告()が次男と3ヶ月から4ヶ月に1回程度面会することを認め、その日時・場所・時間・方法については以下のとおりとする。

 

  ア 日時 双方協議の上設定する

 

  イ 場所 ○○病院

 

  ウ 時間 1回あたり原則2時間程度

 

  エ 方法 被告()において上記イの病院予約をとる。予約日に原告(kikyou)が次男を連れて行き病院へ預け、その後、被告()が病院内で面会をする。面会終了後は、原告(kikyou)が次男を迎えにいく。

 



 2 理由

 

(1)面会場所については、子どもの福祉に鑑み、次男の負担が少なく、かつ、安全を確保できる場所として、また、双方に公平な形という点から、どちらかの自宅等ではなく、病院内とする。

 


 
(2)日取りについては双方協議のうえ、調整して設定する。病院予約が必要となるが、面会時に病院とかかわるのは被告()となるため、予約は被告()において行う。

 


 
(3)面会交流の頻度・回数は、子どもの体調、学校行事や、被告()の仕事の都合等によって適宜決めることになると思われるが、病院を利用することによる制約があること(予約のとりづらさ)、病院への送り迎えなど原告側(kikyou)の負担もそれなりにあることを考慮し、3ヶ月から4ヶ月に一回程度とすることを希望する。

 


 
(4)面会交流の時間についても、次男の負担を考慮し、1回につき2時間程度が望ましいと思われる。

 





第2 財産分与・その他の精算


 1 和解案

 

   被告()は原告(kikyou)に対し、金○万円を支払う。

 


 
 2 理由

 

(1)従前、原告(kikyou)の主張額は財産分与のみで約○万円であったが、自宅不動産価格及び住宅ローン残高について双方主張額の間を取り、別紙の額まで減額した。結果として、原告(kikyou)取得額は○万円となる。

 


 
(2)その他、以下の金員を精算していただく。

 

   未払い婚姻費用の残高(平成○年○月○日現在) ○万円

 

   株式投資分  39万円

 

   次男障がい者手当分  33万円

 


 
(3)以上合計が金○万円となる。

 





第3 養育費

 



 1 和解案

 

   被告()は原告(kikyou)に対し、長男及び次男の養育費として、平成○年○月から平成○月まで月額1人当たり○万円を、次男の養育費として、平成○年○月から平成○年○月まで月額○万円を、支払う。

 2 理由

 

   次男については、死亡時までを請求していたが、和解の趣旨から20歳までとした。

 

   金額については、被告()の収入を○万円(婚姻費用分担時に基準となった額)、原告(kikyou)の収入を暫定的に○万とし、算定表により求めた。なお、長男はまもなく20歳となるため、次男のみとなった場合についても含めた。

 



以上

« 離婚裁判 7回目 内容報告 〝財産分与について〟 5/ 5 | トップページ | 離婚裁判 9回目 内容報告 〝準備書面〟 »

モラル・ハラスメント」カテゴリの記事

離婚裁判」カテゴリの記事

コメント

こんにちWa
いよいよ『和解案』ですね\(^o^)/
この私が読んでもかなり譲っているなぁ~って思うくらいですから
kikyouさんにとっては”最低限”許せる範囲内の和解案なのかな?って

それにしてもですよ
モラくんの『面会を承諾すれば、親権は譲ってもいい』って
これにはちょっと苦笑いでした
面会しても会いたい子なら
もっと、もっと大事に思って協力しろよってね。
最後の世間への体裁だったのかと?
こんな言い方はモラくんに酷いですかね( ̄◆ ̄;)

kikyou さん、こんにちは♪

つまり財産分与で「譲歩」したから、被告はそれに乗ってきたということでしょうか?
そうだとすると、やはり調停も裁判も「お金目当て」の抵抗だったのでしょうかね。。。

ところで、面会交流は20歳までとか、そういう条項は盛り込まなかったのでしょうか?
そうでないと、お子さんと父親との面会交流がずっと続くことになりますし、、、
(面会交流は「未成年者」の子と行うものだから、特段入れる必要もないと判断されたのかもしれませんけど)
子供が離れて暮らす父親に子供自身会いたくないのに、面会期日がきっちり定められた面会交流調停の調停条項に縛られて、仕方なく面会を続けている知人がおりますので、参考までに教えてくださればと思います。いつまで面会が続くのかと、不安がっています。

O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○

mahiruさん コメありがとぉ~

はぃ^^ やっと和解案です!
mahiruさんの おっしゃるとおり ”最低限”許せる範囲内まで譲りましたょ~

あははっ! ありがとうございます
モラくんには、何言っても共感してもらえないので
酷いことはなにもないです
それに、彼は子どもに会いたい気持ちなんて
少しも持ち合わせていませんから…


O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○


Hakuさん コメありがとぉ~

>つまり財産分与で「譲歩」したから、被告はそれに乗ってきたということでしょうか?
>そうだとすると、やはり調停も裁判も「お金目当て」の抵抗だったのでしょうかね。。。

最初から、最後まで 被告はお金の事しか頭になかったようです。
面会交流ですが、終わりの条項は盛り込みませんでした。
被告は、裁判中に長男にも会わせてほしい。 と何回か言ってきましたが
そこは、15歳以上でしたので、子どもの意思を尊重して貰うように裁判所から話してもらいました。
でも、チビには意思判断が難しいので… 面会交流にいたりましたが
面会は実施していません。

知人の方にも、子どもの意思を尊重して貰うように
裁判所から話してもらう事を願います!
被告がそれでも言ってくるようなら、条項を是非とも入れてもらってください。


O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離婚裁判 8回目 内容報告 〝和解案〟:

« 離婚裁判 7回目 内容報告 〝財産分与について〟 5/ 5 | トップページ | 離婚裁判 9回目 内容報告 〝準備書面〟 »

モラル・ハラスメント被害者同盟  モラハラで悩んでいるなら… きっと あなたの心にも寄添ってくれます

無料でもらえる♪ お試し価格でためせる!

amazon.co.jp

  • Amazon

ブログ村