« 離婚裁判 6回目 内容報告 | トップページ | 離婚裁判 7回目 内容報告 〝親権について〟 彼の言い分 »

2014年6月21日 (土)

離婚裁判 7回目 内容報告 〝親権について〟

裁判6回目では、彼からの反論文はありませんでしたが

は裁判当日 口頭で ありもしないものを… 自信満々に発言していたそうです。

私は 初めて聞いたので ありもしないもの… と表現させていただきます(-゛-)

どういう意味か? 彼は証拠が出せないのです ┐(´-`)┌

そんなに自信満々に 口頭で熱弁出来るのなら ちゃんと証拠も出せるはずなのに!?

そして…

裁判所から 彼へ 和解の話もありましたが 結果は…

 親権については お互いに譲れない。

 財産分与についても お互いの開きがある。

裁判所から この2つについての宿題が出されました。




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今回は 〝親権について〟 私が書いた内容です。

予め 裁判所から記入例をいただいていたので、記入例にしたがって作成しました。

 

 

 

 

 

 

         『子の監護に関する陳述書

 

1、原告(kikyou)の生活状況



  (1) 生活歴


  (2) 現在の職業の状況

  (3) 経済状況(主な収入と支出等)

  (4) 健康状態

  (5) 同居者とその状況

  (6) 住居の状況

 

 

 

 

2 次男の状況


  
(1) 生活歴(同居家族、居住地、学校名)

  (2) これまでの監護状況

      ア 出生~別居

        
(チビの場合は、健常児ではないので1枚半書きました) 

    
  イ 別居~現在

        
(チビの現状を、10行にまとめました)

 
 (3) 一日の生活スケジュール

      【平日】

      【休日】

  (4) 心身の発達状況、健康状態

      ア 病歴

      イ 発育、発達、性格

  (5) 現在の通学先における状況

  (6) 父母の紛争に対する認識

  (7) 別居後の、同居していない親と子の交流状況


    

      被告(彼)は親権を主張するわりには、子を心配する様子もみられないし、Xmas・誕生日・お正月等を迎えたが、親として何一つしていない。

      また、子に必要な障がい者手当についても、振込口座を止めたり、全額引出したりと、親のする行動とは思えない、矛盾行動が多い。

 

 

 

3、監護補助者

  (1) 監護補助者について

  (2) 具体的な監護補助の状況



 

 

 4 監護計画

  (1) 親権者となった場合の具体的な監護計画

       引き続き現在の住居へ住み、上記で述べたように補助を受けながら、監護を続ける予定である。現在の監護態勢から変わる予定はない。



  (2) 親権者となった場合、親権者でない親と子の交流について

       上記のように、次男は、出生から現在まで入院を余儀なくされることが多々あったが、そんな大変なときでも、被告(彼)は一切病院に顔を出さない上、長男の子育てと並行して大変なときに、なんらの助けもしなかった。そもそも次男を心配する気持ちがなく、子どもを世話するという観念もない人である。また、これまで、次男と交流らしい交流はしてこなかった。むしろ、周囲に隠そうとしており、そのような被告(彼)の態度は、次男にも伝わっていることであろう。

       別居後も、被告(彼)は、次男の大切な手当を原告(kikyou)が受領できないようにするなど、とても次男のことを思っているとは思えない行動をとっている。別居から2年になるが、その間、次男に対する思いを感じられるような行動はない。生まれてから今まで交流のなかった被告(彼)と、今になって交流させることに、意義は見出せない。

       現実的に考えても、次男には、上記生活状況で述べたとおり、常に何らかの世話が必要であるが、被告(彼)はこれまでそのようなことをしたことがなく、仮に面会交流する時間を設けたとしても、その間、適切な世話が出来るとは思えない。扱い方を間違えれば、生命身体の安全にかかわる恐れもあり、そのような危険を冒すことはできない。

 

 

5 その他

  
重度重複障がい児で、全介助が必要な子を育てるということは、専門知識が必要である。被告(彼)のように、今まで何一つ携わった事がない不慣れな者が、食事をさせただけで誤嚥を引き起こし肺炎になってしまう。また、骨も弱く、介助知識がないものが装具を扱い、介助をすれば骨折してしまう。被告(彼)のように愛情もない者に監護は不可能と考える。

    

 

                             以上




« 離婚裁判 6回目 内容報告 | トップページ | 離婚裁判 7回目 内容報告 〝親権について〟 彼の言い分 »

モラル・ハラスメント」カテゴリの記事

離婚裁判」カテゴリの記事

コメント

私のブログ友達も、離婚裁判では親権で揉めています。

ところが、その人の裁判の管轄家庭裁判所は「面会交流」に積極的なんです。
定期的に、家裁の裁判官と地元弁護士が話し合う機会が持たれていて、離婚はあくまでも夫婦間の問題。離れて暮らす親と子が会うのはとっても大事!みたいな雰囲気になっているようです。

そういう内容のチラシは、遠く離れた我が家の近所の役所にも置いてありました。
でも「法務省」が作成したチラシだったので、全国的にも面会交流を積極的に進めようという風潮なのかなと思ってもいます。

私は、普段から電話も、メールも、手紙もプレゼントも一切寄越さない奴に、子供を会わせる「意義」が分かりません。

ちなみに、面会交流を拒むのは親権争いで不利になると弁護士さんから言われたとブログ友達から聞きましたけど、kikyouさんは明らかに面会交流を拒否されてますよね。
裁判官から、何か言われなかったのでしょうか!?

O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○

匿名希望さん コメありがとうございます

私がお願いした弁護士さんは、DV離婚に詳しい弁護士さんを 最初からお願いしました。
面会交流に関しても、子どもの意思も含めて 全拒否でいきました。
弁護士さんからも 不利になるお話はありませんでしたし
裁判所からも なにか言われた記憶もありません。

ここまでの被告の態度も 裁判官は見てきているので…
私にはよかったのかもしれません。

>「面会交流」に積極的なんです。

DV・モラハラ以外の場合に限って欲しいですね!

>普段から電話も、メールも、手紙もプレゼントも一切寄越さない奴に、子供を会わせる「意義」が分かりません。

本当に、どこまでもモラハラは同じ人種ですね…
元夫とはいえ… どんなに親権を訴えても 真実味が無いんです。
会わせたって 良いことなんて、ひとつもないです


O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○



kikyouさん、おはようです(^^)/
親は体面でなるべきものではありません。
愛情や責任はもちろん、自分のことを犠牲に出来なければ子供を
次世代を担える人間には育てられる訳がないのです
特にハンデを持つお子さんを育てていくことは不可能です。

モラ男はそれが全く分かってないっ
人間としても憐れむほどの未熟者に親が務まるかっ!
親子交流はあくまでも親子として信頼し合える者同士の交流であって、
妻も子供も守れない奴に請求する権利はありませんとも

出会いって 偶然? 必然?
 これは 死後の世界を論じることと 同義かも
世の中には と・言うより 人には 色んな病気があります
 人には 必ず 別れがあります
  カップルになった 二人に どのような別れがあるのかは 
その時になければ 誰も判りません そして その意味は ダレも判らないのです
 別れに際して
愛を知っている人間は 深く傷つきます
 元旦那さんは 幸せですね 愛を 知らないから
  その辛さを知らずに これからの人生を歩むのでしょう
死んでも 同情されない 可哀想な人種です 可哀想に・・・

こんばんわぁkikyouさん
やっと雨日から解放です。
いやいや!雨の話じゃなくって
解放ですよ!
まさにこの裁判がkikyouさんとお子さん達を
モラ男から解放するための長~い裁判。
でも正義は勝ったのだ
だって嘘で固めた言葉や態度は、絶対に崩れるもの
健常者の子育てだって大変なのに
ハンディを持ってしまった子供には
数倍も愛情を持たなきゃ育てるなんて無理だと思う。
kikyouさん、本当によく頑張ったよ!
あらためてkikyouさんの母としての強さに感動

O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○

瀬津喩さん コメありがとぉ~


いつもありがとぉ~
モラハラ人間は常に自分が1番だから
子どもを先にとか… 自分を犠牲に…
なんて、まず出来ないですよね~┐(´-`)┌

>親子交流はあくまでも親子として信頼し合える者同士の交流であって、
妻も子供も守れない奴に請求する権利はありませんとも


本当に! そう思います。


O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○

カブさん コメありがとぉ~


はぃ!
彼は ある意味とっても 幸せな人ですね~
知らないまま… 
この先も 同じように生きて行くんだと思います( ´艸`)プププ

読めばよむほど… 深い言葉ですね


O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○


mahiruさん コメありがとぉ~


そうなんです
モラ男から解放されるための 裁判です


>でも正義は勝ったのだ
>だって嘘で固めた言葉や態度は、絶対に崩れるもの


いつもいつも 頭の中でまわっていた言葉です


ぃゃぃゃ… ハンディを持っていても 愛情は同じですよ~?!
ただ… 一緒にいる時間は 多いです(笑)
どこのウチのお母さんも 強いですよね~( ´艸`)プププ


O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○

こんばんわ

裁判所は、両者の陳述書を読み比べればどちらが論理的に事実を語っているか読み取れる筈だと思って、色々と宿題を出していたのでしょうね。

kikyouさんはその宿題を真面目にクリアし、モラハラ男は何も考えず(というか、自分勝手なファンタジーを作り上げて)くだらない作文を提出して、評価を下げて行ったんだろうなぁ。

親になる人のすべてが、子どもに愛情を持てる訳ではないという現実は、ちょっと寂しいけれど、母の愛がそれを補って余りある筈。
kikyouさんとお子さんたちの、平和で楽しい家族生活がいつまでも続く事を願ってます。

O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○

maamさん コメありがとぉ~


はぃ^^ 裁判所は、両者の陳述書を読み比べ 態度も考慮されて???
色々と宿題を出していたと思います。


親権についての陳述書は、次回掲載しようと思っていますが…
酷いものでした┐(´-`)┌

彼なりに? 裁判所も説得できるのもだと モラハラ満載で挑んでいたのでしょうけど…?!
裁判所はキチンと判定してくれましたヽ(´▽`)/


>親になる人のすべてが、子どもに愛情を持てる訳ではないという現実は、ちょっと寂しいけれど、母の愛がそれを補って余りある筈。
kikyouさんとお子さんたちの、平和で楽しい家族生活がいつまでも続く事を願ってます。

いつもありがとうございます


O○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.。o○o。.。.o○o.。.。o○o。.。o○

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離婚裁判 7回目 内容報告 〝親権について〟:

« 離婚裁判 6回目 内容報告 | トップページ | 離婚裁判 7回目 内容報告 〝親権について〟 彼の言い分 »

モラル・ハラスメント被害者同盟  モラハラで悩んでいるなら… きっと あなたの心にも寄添ってくれます

無料でもらえる♪ お試し価格でためせる!

amazon.co.jp

  • Amazon

ブログ村