« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

離婚裁判 6回目

先日 「離婚裁判6回目」 が終了しました。  裁判1回目 裁判2回目 裁判3回目 裁判4回目 裁判5回目 はこちらです。

私は、弁護士さんにお願いをしているので、欠席。

彼は、弁護士さんを依頼していないので、出席です。



前回の5回目裁判終了時の宿題。。。

和解を試みるか、判決に進むか…   どちらへ進んでいくかを 決めての裁判でした。

私が出した 宿題の答えは 裁判2回目から 

裁判官 「離婚についての和解はないか?」   の問いに

  「離婚は認めない!」    の一点張りでした。

そこで 少しでも早く 離婚できるように 出来る限りの〝譲歩〟 を示しました。

決して 〝妥協〟 ではありません! 

あえて言うなら 〝作戦〟 です(o^-')b



ここで もし彼が… 「離婚を認めます。」 

となった場合でも 妥協はしていないので 問題はありません。

そういう内容の 文書を提出しました。

彼は、今回(6回目裁判)の裁判までに 反論はありませんでした。

いえ。 反論文書 は無かった。 が正しいです。




彼は裁判当日 口頭で ありもしないものを… 自信満々に発言していたそうです。

私は 初めて聞いたので ありもしないもの… と表現させていただきます(-゛-)

どういう意味か? 彼は証拠が出せないのです ┐(´-`)┌

そんなに自信満々に 口頭で熱弁出来るのなら ちゃんと証拠も出せるはずなのに!?





何度も言いますが 私は 「裁判」 をしているんです。

裁判とは 証拠を揃えて 出してこそ! 証拠の立証として認めてもらえるのです。

モラハラの裁判は 証拠になるものを 提出するのがなかなか難しい…。

でも 私の場合は 私の少ない資料の中から(!?) 

弁護士さんがいろいろと工夫してくださって

違う意味で持っていたものを うまく利用して証拠の立証をしてくださっています^^b

さて 今回の裁判ですが…

裁判所から 彼へ 和解の話もありましたが 結果は…


 親権については お互いに譲れない。

 財産分与についても お互いの開きがある。


 
裁判所から この2つについての宿題が出されました。




2012年8月14日 (火)

離婚裁判 途中経過…

前回の5回目裁判終了時の宿題。。。

和解を試みるか、判決に進むか… (-`ω´-)ンー 



弁護士さんと時間をかけて 

子どもたちの将来の為にも 妥協はせず 

どちらへ進んでいくかを 決めてきました(o^-')b



彼は、次回の裁判までに 反論してくるか!? こないか!?

彼のでようによっては この先の裁判状況も変わってきます。。。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

モラル・ハラスメント被害者同盟  モラハラで悩んでいるなら… きっと あなたの心にも寄添ってくれます

無料でもらえる♪ お試し価格でためせる!

amazon.co.jp

  • Amazon

ブログ村