« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

「モラル・ハラスメント」 教育は義務教育まで!?

前回の誰のおかげ!?でもお話したように、他人の為に無駄なお金は使いたくない んです。

彼は、自分の苦手な人に飲みに誘われた時とか、世間体へ向けてとか、自分の都合で態度が変わります。 さも、財布は奥さんが握っている。とばかりに…

 「ウチの大蔵省が、お金出してくれないんだよ~。全く男の世界ってのを知らなくて、申し訳ない。」

などと…言っていました。

誰かのせいにする…。 責任転嫁です。(どのように責任転嫁していくのかは、次回お話します。)


ぁ! 義務教育のお話でした(^^;

最初に、彼は子ども達の学校に掛かるお金は出していません!

では、どこからのお金が使われていたかというと 子ども手当&チビの障がい者手当で賄っていました。

兄ちゃんが中学生の頃。高校受験に向けて塾に通わせよう~。 と思い、父親の彼に話をしました。 彼の口からは

 「なんで塾に行く必要があるの?義務教育は終了なんだよ。勉強が出来なければ、働けばいい。なんの問題も無いよね!?何か問題あるの?あるなら言ってみてよ。話は聞くよ。」

(心の声) 『え? 私…間違った事言ったの??!』 と。 暫く考えていたら…

 「間違って無いでしょ!じゃ。そういう事で。」

(心の声) 『違う。違う!』 慌てて

私 「いや、高校には行かせてあげたいから。」

 「それはお前の考えでしょ 本人はどう思っているの?高校に行きたいの? 俺は行かせない。とは言ってないよ。高校に行きたいんなら、塾になんか頼らずに自分で努力して行きなさい。って、言ってるんだよ。理解出来ないの?」

私 「ぃゃ。言っている事は理解出来ます。」

 「じゃぁ なに

兄ちゃん 「高校に行きたいので、塾に通わせてください。」m(__)m(親子で土下座)

 「だから、高校には行っていいよ。って、言っているじゃん。 行きたいんなら行きなよ。 ただし、私立は行かせないよ。私立に行きたいなら、東大クラスに行けるだけの頭が無いと、行く意味がわからない。だから行きたいなら公立ね。私立試験も受けさせないから。わかった!?」

私 「兄ちゃんを塾に通わせたいから、私が働いたお金で行かせるんならいいですか?」

 「なに?そこまでする価値がコイツにあるの?ε-( ̄ヘ ̄)┌  いいよ。じゃぁ、働けば?それでお前達が納得するんならいいよ。そのかわり、家事の手抜きは許さないからな!お前が勝手に好きで働くんだろ!?疲れたとかダルイとか絶対に言うなよ! いいか!?俺は、お前に働いてくれ。とは言っていないからな!忘れんなよ!!」

 後々の攻撃材料になるように、ワザとこういう言い方をします

「はぃ。」 「はぃ。」

部屋を出てから、兄ちゃんと2人で 良かったね これで堂々と塾に通えるよ がんばれ(p^□^q)

うん!ありがとう 頑張るょ

さて、兄ちゃんの話は何とかなりました。 次はチビです。 チビは重度の障がい児なので、何かにつけて

 「チビは学校に行く意味あるの? 学校で何しているの?」

 「義務教育だから、国もしょうがなく学校行かせてるけど、何も出来ないヤツに金払ってまで高校に行く意味無いでしょ  今だって、給食費かかっているんでしょ!?なんで無駄な事に気がつかないかなぁ?やっぱりお前はバカだから気がつかないんだね~。高校なんか行かせ無いよね。」

私 「ぃぇ。高校には行かせたいと思っています。」

 「はぁ俺の話聞いてた? 何の意味があって行かせるの? 普通に考えてごらんよ。チビに何が出来るの?高校に行かせるくらいなら、金が無駄だから、お前が家で面倒看ればいいだけでしょ?」

 「前から言っているでしょ!?無駄な事はしない。お前はすぐ誰かに何か言われると、流されるだろ!? 他人の話なんか聞いてんじゃねえょ!お前は誰と一緒にいたいの?他人がお前の面倒みてくれる?くれないでしょ!チビにのめり込み過ぎなんじゃないの?」

こんな会話が、何回か繰り返され… 同時に兄ちゃんの進路先にも飛び火していきます

 「大学は行かせないよ。行きたいなら自分で働いて行くようにさせなさい。大学も目的無しは許さない。まして東大クラス以外は行く意味がない。わかったな。」

兄ちゃんにとって、高校卒業後は 人生で大事な分岐点です。
私は、前からこっそり 兄ちゃんにはやりたい事があると聞いていたので、絶対にそちらへ進ませてあげたい! でも彼は 兄ちゃんが進みたい方向を頭から反対していました。

この頃から、真剣に 彼とはもぅ限界。 …と。 

頭の中では 一緒にいたらいけない! そう思っていても、モラハラを知らなかったので、最後の1歩が踏み出せずにいました。

2012年4月24日 (火)

「モラル・ハラスメント」 誰のおかげ…!?

何かにつけて 「誰のおかげで…」 と言われます。

 「誰のおかげで お前たちはこんなに 良い生活が出来てると思ってるんだ!?」

 「俺が働いて金を稼いできているんだ! だから飯が食えているんだろ!? 感謝しろ

モラハラの彼は 他人のためにお金や時間を使うのは損だと考えている です。

ようするに 彼はケチです。 

結婚する時に 彼は私に 

 「専業主婦でいいよ。ちゃんと稼いでくるから、家の事をちゃんとやってくれれば、それでいいから」 

そんなことを言っていました。 そして、私は仕事を辞めました。 

彼の場合 結婚当初から 月に1~2回程度付き合いで飲みに行っていました。

長男が産まれてすぐ… 週に3日~5日飲み歩くようになりました。

外では 誰よりも格好つけていたい人なので、後輩におごる日々を過ごしていました。

それもお姉さんがいる 少々お高いお酒のお店です 

後輩にしてみれば、持ち上げていればお金を出してくれるので、飲みに誘います(☆¨)b

でも、子どもが産まれたら それなりにお金も掛かってきます。 

私 「今後の為に預金もしていきたいから、せめて回数を減らして欲しい!」 と言ったら

 「俺が稼いだ金だ! 俺が自由に使ってなにが悪いんだ!? 文句言われる筋合いじゃないだろ!?」

 「俺にそんなこと言っていいわけ? お前誰に言ってんの? わかってる? 誰のおかげで生活できてるの? 俺に恥をかかせたいの?」 

 「お前は何様なんだよ!? だったら俺と同じ金額稼いで来い! それが出来たら 俺が家の事でも、何でも完璧にやってやるよ! 稼げもしないくせにほざいてんじゃねーよ!」 

でした。 

子どもを抱えて同じ金額なんて… 稼げません。

彼は、その事を踏まえて攻撃してくるのです!

その時は、まだ預金も少しあったので、生活もなんとかなっていたし、モラハラも知りませんでした。

そして、彼はエスカレートしていくのです。。。

2012年4月19日 (木)

「モラル・ハラスメント」 言い返さずに、なんで黙ってしまうのか!?

私は彼が怒り始めると 言い返さずに黙ってしまいます。

何かを言い返せば “言い返したらどうなるか!?” でもお話したように 

何か言って、言葉尻を捕まえられて嫌な思いを重ねたくないからです。

でも、彼は違います! 私が黙っていることが許せないのです! 

モラハラの彼は… 私を潰すことが目的ですから、本当に容赦ないのです。

黙っていたら何を言われるか?

 「バカなの? バカだから口があるのに話もできませんか!? 俺の言っていることが分かる? バカだからわからないか。 大人になってここまで怒られるって よっぽどのバカしかいないよね~! ここまで言われて恥ずかしくないの? バカだから感覚がないか!? なにか言ったら?… 」 等々…。 

から また始まります。 この言い方が なんとも 嫌味を通り越した言い方で

せせら笑うように 不気味な笑みを口元に浮かべながら 何か言ってみろ! と、けしかけてくるくせに

お前の口からは何も言わせねぇー! という変な威嚇オーラも出しながら言い続けます。

でも、このくらいの事は言われ続けられているうちに 慣れてくるので聞き流す事が出来るようになります。

彼も彼でそんな態度の私を見破り、次に発する言葉は

私が言われたくない言葉をわざわざ選んで、言い続けます。((○( ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄メ)ぷるぷる 

ここで 負けたら… 

負けて何か言い返したら その100倍言われ続けるだけなので 悔しいけど… 情けないけど…

出来るだけ我慢です (。-`ω´-)  我慢して 一呼吸。

そして、気が付かれないように大きく深呼吸!スウ~(-。-)ハァ~(-○-)【深呼吸】


私 「ごめんなさい。 私あなたが言うようにバカだから何もわからなかった。 教えてくれてありがとう。 次からはちゃんとしないとね。 本当にごめんなさい。 気を付けます。」 と…。

それも、嫌味に聞こえないように… 彼が納得して攻撃をやめるまで言い続けます。

 “私は女優~” になった瞬間でした

彼に自分を理解してもらおうと思っても 無駄なこと。 

少しでも 「この苦痛な時間」 から早く抜け出す為に学んだことは

自分を捨てること。 自分自身を殺していれば 上手く回ると思っていました。

でも、モラハラの彼は そんなに甘いもんじゃなかった。

2012年4月11日 (水)

障がい児の 良い!? 悪い!? って(‥ )ン?

先日 チビと兄ちゃんの入学式がありました 

チビの学校は、肢体不自由児の特別支援学校です。

小学1年生から高校3年生まで同じ学校

新小学1年生から入場してきて…かわいい~  最後に新高校1年生。 やはり高校生はそれなりにデカイ (* ̄m ̄)プッ

そんな事を考えていたら… ふと、思い出したことがありました。

まだ ウチのチビが3歳頃の通園(障がい児が通える保育園みたいな所)に通っていたとき話。

その通園はチビみたいに肢体不自由児の子どももいれば、知的のダウン症。全盲の子ども等…

障害はさまざまですが、人数も全員で15名くらいだったので いつも一緒に過ごしていました。

ある時、全盲のお母さん(Aさん)肢体不自由児のお母さん(Bさん)に (Bさんの子どもはウチのチビと同じ状態の子どもです。)

Aさん 「Bちゃんはいいわよね~。 目が見えるからお母さんの顔が見えるんだよ~。 いいなぁ~!」  

Bさん 「え!? 何言ってるの? 見えるかもしれないけど、視力は弱いし白黒かもしれない状態なんだよ~。  

     Aちゃんなんか 会話が出来るから、意思疎通が出来るじゃん! ウチは出来ないんだよ~。 一生歩けないし、会話も出来ない。 目が見えないだけならいいじゃん!?」

そんな “ないのもねだり” の会話が暫く繰り返されたそうです。 

会話の内容を聞いた時は ビックリしましたけど

AさんとBさんは、こんな事も言い合えるほど 今も仲がいい2人なので心配はいりません  

その会話を聞いた時は、お互いに言いたい放題で 「隣の芝生は青い」 だね!?と思いました(○´艸`)クスクス 

動けるからイイ。 動けないからダメ。 その逆もあるし…。

何かがここまで出来る。 それはとても凄いことです。 でもその人には、その人なりの悩みがある。

そんな事を考えていたら… 

神様は このお母さんになら この子が来ても大丈夫(o^-')b

だから 私のところにはチビが来てくれた。 そういう風に思うようにしたら気持ちが楽になり

私はこの子と楽しみながらゆっくり進んでいこう~ と、思うようになりました。  

いろんな障がいを持っている人がいて… 

どんな障がいも大変さが違うだけで、本当はそれなりに大変なんです。 

でも 大変なの~  って思うと、物凄く大変になっちゃう気がするので

それが日常だと思って過ごせば 大変じゃなくなるのです°+(*´∀`)b°+°

きっと…

 

2012年4月 7日 (土)

離婚裁判 3回目

先日 「離婚裁判3回目」 が終了しました。  裁判1回目 裁判2回目 はこちらです。

私は、弁護士さんにお願いをしているので、欠席。

彼は、弁護士さんを依頼していないので、出席です。

今回の裁判は、私からの書面を裁判の1週間前に裁判所へ提出。

私からの書面が、裁判所経由で彼に届いたのが5日前だったので、彼は何も準備が出来ずに手ブラで出席。

なので、彼からの書面が無いため、私の精神状態も平常心でいられました

さて、1回目と2回目の裁判では お互いの書面内容が確認されていたのですが

今回は、2回の裁判を経て、彼の出してくる書面があまりにも主旨とずれて行くため

話し合うべきものだけをまとめて、裁判所へ提出しました。

これに対して、裁判所から彼へ宿題が出されました。

私にも1つ宿題が出されました。 

そして最後に裁判官は彼に…

裁判官 「離婚についてどう思うか。」 

 「離婚についてはどうしようもないと思う。ただDVというのは納得がいかない 

   親権については、現実には考えていない。

   だが、長男は自分の子どもだし、進路がどうなったか気になる。 子どもに会いたい。」

…と。言っていたらしい ┐( -"-)┌ヤレヤレ...

弁護士さんから私へ 

   「かなり未練がある様子ですねー。

   離婚についてはしょうがないと思うが「DV」と言う言葉に異常な反応がみられる。

   「面接交渉権」も月に1回くらいならいいのかな? とも思いますが…」

私 「面会は絶対に嫌です。長男の進路先も教える気持ちはありません。

   長男は自分の意思で決めたとしても…

   次男については、子どもに会いたいという気持ちがあるとは思えない!

   次男に会うという事は、必ず付き添いが必要になります!だから絶対に嫌です!」

っぃ 興奮してしまい… 弁護士さんの言葉を遮ってまで言ってしまいましたf(^_^; 

おっとぉ~ さっきの彼の発言!! 少しは離婚へ向けて納得してきたのでしょうか!?

次回の裁判は 彼からの書面提出から始まります

2012年4月 1日 (日)

退院してきました(*^-^*)ノ

|・ω・*)ノ|Юガチャ ただいまぁ! 

思っていた以上の “コメント&つぶやき” そして “ポチっと&キラリ” をたくさん頂き、本当にありがとうございましたo(_ _)oペコッ  

私って幸せものです(/ー\*)  心からありがとうございます

今の私の状態ですが…

顔は左側だけですが、脱脂綿を目一杯口に含んだ顔つきで…腫れており 顎には青痣がまだクッキリとございます(/ω\)

痛さは… 10で表すと2くらいの痛さが常にシクシク続いています(゜゜;)

下唇の左半分はまだ痺れているので、コップの感覚が未だになく 少しアブナイ状態で~(='m')

口も大きく開かないので、お粥さんを30分位かけて食事をしています。

気になる “抜糸” は水曜日(術後8日目)です…o(;-_-;)oドキドキ♪

今は、常時アイスノンで冷やしながら回復中です(b^-゜)

あとは、良くなるだけですから ゆっくり焦らずに治していきたいと思います

これからもよろしくお願いしますm(_"_)m

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

モラル・ハラスメント被害者同盟  モラハラで悩んでいるなら… きっと あなたの心にも寄添ってくれます

無料でもらえる♪ お試し価格でためせる!

amazon.co.jp

  • Amazon

ブログ村