« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月25日 (土)

「モラル・ハラスメント」 なんで一緒にいられたの(‥ )?

モラハラの彼は、最初から頻繁に罵倒を繰り返す人ではありませんでした。

結婚前は、人付き合いも良く!? 私の友達とも会ってくれました。 価値観も合うし良い人という印象です。

今思えば! 兆候はありましたが、当時は何もわかりませんでした

では、何がモラハラなのか?

彼の場合は、彼の友達や先輩の前で、冗談でも彼を茶化したら… あとからモラハラがきます

その場では空気を読み! ノリツッコミまでやってその場を盛り上げ、とっても楽しい時間になります!

モラハラは皆さんと離れ、2人になってから突然起こります。

 「お前さぁ~ さっきのなんだよ!? なんであんな事いうの?」 

 「えっ?(・・) なんのこと?」 

 「忘れちゃったの? みんなの前で俺をバカにして、恥かかせて平気なの? おかしくない!?」

 「やだぁ~!冗談じゃない!? そんなに気にすることないよ~♪ 冗談だって誰でもわかるよ~^^ 」

 「なんでそんなことわかるんだよ!? 相手が心の中で何を思っているかなんて、誰にもわからないんだよ! お前は会わないからいいけど、俺は明日もみんなに会うんだよ! どーしてくれるの!? おかしいだろ!? わかる?なんで… なんで…」

 「えっ?(・・) そんなに怒ることなの!? ごめんなさい。 そんなに嫌なことならもうしないように気をつけるね。」

結構しつこく言われましたが、その時は本気でイケナイコトなんだと反省しました。

“あばたもえくぼ” って言葉がピッタリです ((((((;_ _) 

そして、ここで彼とのモラハラ掟が1つ “人前では彼を立て続けなければいけない” が 成立したことになります。

結婚を機にまた1つ。 出産を機にまた1つ。 どんどん大きな掟が増えていくのです。 このカラクリは次回お話します(^-^; 

どんどん増え続ける掟の中で、なんでこんなに長い間一緒に生活が出来たのか!?

子どもがいたから。 どんなお父さんでも、子どもにとっては…悲しいかな お父さんなんですよ(´ノω・`*)

それに、DVもモラハラも知りませんでしたしf(^_^;

その頃の罵倒は、半年~3ヶ月・1ヶ月に1回とかで、夫婦喧嘩みたいなものだと思っていたんです。

その夫婦喧嘩にも耐えられなくなった時… 

私の回避方法が “自己暗示&現実逃避” でした(* ̄▽ ̄*)v

笑っちゃうんだけど…  自分を保つ為に、精神的ダメージを小さくすることだけを考えて

私は女優~ こんなコトなんでもない。何でも無い! いつかは解決方法がみつかる! 頑張れ私~♪(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

と思うことで、なんとか耐えられました! それこそ♪子どもたちのおかげで自分を保てるし、側にいて支えてくれました(o^-')b

そして、願えば叶うものです─゚+。:.ヽ(喜´∀`)ノ゚+。:

この環境から抜け出す方法…。 DV&モラハラは離婚事由になる と知りました

2012年2月18日 (土)

チビのお受験…!?

チビといっても… 中学3年生。 そぅ! 高校受験ですv(。・・。)イエィッ♪

ただ… チビの高校受験は “特別支援学校(肢体不自由児)” 

チビは簡単に説明すると、首も据わっていない寝たきり全介助の重度障がい児です。 

学校は 小学部・中学部・高等部 とエスカレーター式です。

肢体不自由児なので、身体は動かないところは多少あっても 頭脳はちゃんとしている子どももたくさんいます。

そういう子どもたちは、それなりに学校も選べたりできます

チビは残念ながら他の学校とういう選択肢はありませんo( _ _ )o ショボーン 

そぅそぅ! お受験の話しですよ(*´v゚*)ゞ

高校生になっても同じ学校に通うのですが、受験日は親子で受験

他の学校から受験する子どももいますので!? 学校のスクールバスは乗車不可

そこそこ遠い場所に学校があるので…

朝からで公共のバス&電車に乗る勇気はなく 福祉タクシーを予約して、学校までGO~

さてさて、受験内容ですが…  大きく分けて3つ。

① 校長(副校長)面接 から始まり 

② 出来る子供は “国語” “数学”  と試験です! 

  チビは… “行動観察” という先生とのコミュニケーション能力をみる!?

③ 給食(この日はお弁当) 各自の食事状況を観察

そんな感じで終了~

私は… 軽く考えてこのお受験に望んでしまいました(^-^;

①の 校長面接!      トントンッ!      どうぞ~ 

ぁ゙~~~~! しまった( ゚∀゚;)タラー 私が面接されるんじゃん

そうなのですぅ… チビが言葉を話せないのを忘れていましたぁf(^_^;  

…な、何も考えてこなかった∑(゚∇゚|||)はぁうっ! 時すでに遅し……


 「では、面接を始めます  この学校を選んだ理由を教えてください。」

(心の声) 「他に行ける学校が無かったから」 とも言えず[壁]・m・) プププ

私 「先生方がとても明るくて雰囲気も良く、小さな反応も見逃さずに、子どもの成長を1番に考えて伸ばしてくれるところです。」 これは本当!いい学校なのです

 「本校の高等部に入学されたら、学校側に何を期待しますか? また、卒業後はどうされますか?」

(心の声) 「∑('◇'*)エェッ!? 何も考えてこなかったんだからぁ~ 聞かないで~\(;゚∇゚)/」 とも言えず( ゚∀゚;)タラー

私 「学校側にですか!? んー。 自己表現が親ならそれなりにわかったりしますが、他人にはやはり難しいと思うので、卒業後のことも考えて、誰にでも理解できるような表現力をつけたいです。」

あとは、1日の行動。睡眠時間。好きなこと。苦手なこと。Yes・Noの表現のしかたや読み取り方 等… すんなりと答えられるもので (´▽`) ホッ。 約20分の面接でした。

その時 チビは何をしていたか?((( ^・_^・) チラッ

左斜め上をジーと見つめ、存在感を消し 固まった状態で微動だもせず 

現実逃避∑ヾ( ̄0 ̄;ノォィォィ

チビの面接なのに… 

私の隣にいて、一緒に面接をしていた???! と…信じているょ!?

2012年2月11日 (土)

離婚裁判 2回目

「離婚裁判2回目」が終わりました。 

私は弁護士さんをお願いしているので、欠席しました。

彼は弁護士さんを依頼していないので、彼は来ました!

"ノ(-________-;)ウゥーム・・・

裁判中なので、詳細が書けなくて申し訳ないのですが…

彼が2回目の裁判へ向けて提出した書類が 裁判前に私の手元に届き確認したとき

言っている事と、やっている事の辻褄が合わない

なんだろぅ!? 怒りなのかなぁ… うまく説明できませんがf(^_^;  

その時の私は 精神状態を保つのがやっとの状態 

…というくらいのものが届きました。  おそるべしモラハラ.....(;__)/| ずぅぅぅぅん

さて、1回目の裁判同様、2回目の裁判へ向けて提出した書類内容を確認し、裁判は滞りなく終わったそうです。

最後に裁判官は彼に…

裁判官 「離婚原因はともかくとして、いま現在こうして訴訟(離婚裁判)になっていることを考えると、離婚はやむを得ないという考えはないか。」

 「離婚する理由はないので離婚には応じない。」

裁判官 「原告(私)は、あなたとの婚姻関係を修復するのは無理だと言っているわけだが、あなたは修復できると思うか。」

 「関係を修復することはできる。」

そう答えたそうです。

┐( -"-)┌ヤレヤレ...  

まぁ。まぁ。。 彼は審判の時にも言いたい放題でしたから…

3日目の裁判に向けて 頑張ります!(`・ω・´)b

2012年2月 5日 (日)

「モラル・ハラスメント」 言い返したらどうなるか!?

モラハラの彼に “言い返す” 事をしたらどうなるのか?

結論からいってしまうと… 後悔をする。 

というか… 傷口に塩を塗られる感じになる!? の表現が正しいのかも (ノ_-;)ハア…

わかりやすそうな!? ところで言うと『みそ汁』 彼は「みそ汁の温度」まで煩く言っていました。 

 「みそ汁は熱いほうが旨い!ぬるいみそ汁なんてアリエナイんだよ!」 です。

私の何が気に入らないのか? 何が悪いのか? どうして怒られるのか!?

さて、言い返してみました~

朝起こしてから 彼はなかなか起きられず時間がギリギリになってしまった。

でも 朝ごはんは食べたい! それなのに

 「みそ汁が熱い ふざけるな」 

と怒るのです! それも尋常じゃない怒り方で[壁]・m・) プププ 

でも、私の中には “彼はみそ汁は熱くないとダメだ!” と記憶されています。

理由を聞いてみましたら、

 「朝の起こし方がダメなんだよ!もっとちゃんと起きるまで起こさないとダメでしょ!?起きられない時間を見越して、なんで起こせないの!? 俺は仕事に行くんだよ!行かなくていいの? お前が困るんじゃないの!?だからこんなにバタバタになるんでしょ!? おかしいでしょ! 妻だったらこの状況を判断して、飲みやすい温度のみそ汁を普通出すんじゃないの!?」

でた“普通”。あんなに温度にこだわっていたのに! 普通ってなんだろう?  と思いつつ、私なりに言い返してみた(* ̄▽ ̄*)

私 「ごめんね。ちょっと熱かったね。 でも、熱いみそ汁じゃないと飲まない!って言ったのはあなただよ! 朝起こすのだって早めに起こしているし、子どもの学校の時間とも重なるし、あなたにばかりはカマッテいられないし、ごめんね。次から気をつけるね。」

 「なぁー。朝から怒らせるなよ!! じゃぁ なに!? 俺が仕事に行く時間と学校に行く時間が重なったらイケナイの!? 俺が時間をずらさなくちゃならないわけ!? おかしいでしょ!」

私 「そうは言ってないでしょ!? ごめんね。  時間がなくなるよ~」

 「はぁ テメーが怒らせているんだろ テメーは何様なんだよ! 許さねぇからな! わかっているんだろうな!? ブツブツブツブツ…」

なんだかブツブツ言いながらも、支度をして出かけて行きました。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

出勤前の朝のモラハラは、時間が短くてまだラッキーな方です(☆¨)b 

帰って来てからも、彼の攻撃は続くので、その対処方法が間違うと悲惨な目に遇います。

この日の対処方法は、彼が物凄い形相で帰って来ても、まず謝る。ひたすら謝る。謝りながらも、彼の好きなお酒&つまみは出す。彼が少し落ち着いた頃合いで

私 「私の朝からの行動が悪かったのに、朝から口答えもしてすみませんでした。今日はあなたの好きなものを作って出したので、これで勘弁してもらえないでしょうか? 申し訳ございませんでした。」

 「俺を怒らせないように、気をつけてください!!」

ほんの些細な事から??? ココまで… こんなことの繰り返しです。

彼と この先もうまくやって行くには… と考えたら  

なにも言い返さないでいた方が まだイイのかも(‥?

そういうふうに学んだ頃でした… (((((((((((((ーー;)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

モラル・ハラスメント被害者同盟  モラハラで悩んでいるなら… きっと あなたの心にも寄添ってくれます

無料でもらえる♪ お試し価格でためせる!

amazon.co.jp

  • Amazon

ブログ村